依頼前に確認を!自己破産で必要になる弁護士費用とは

手続きを弁護士に依頼すべき理由

自己破産とは、裁判所に申立てを行い、債務のすべてを免責してもらう手続きです。財産を手元に残すことができませんが、借金をゼロにできる非常に効果の大きい債務整理方法です。自己破産は効果が大きいだけに、非常に手間がかかります。そのため個人で手続きを進めるのではなく、専門家である弁護士に依頼するケースが多くなっています。手間を省くことができる他にも、弁護士に依頼するメリットがあります。弁護士に依頼すると、手続きを少額管財事件として扱うことができるという点です。財産を持っている人が行う通常の管財事件と比べると、少額管財事件は必要になる予納金が少なく済み、手続きにかかる時間も短く済むというメリットがあります。

弁護士事務所の選び方

自己破産の手続きを弁護士に依頼するなら、押さえておきたいのが費用の問題です。弁護士費用は事務所によって異なります。また、システムも着手金と成功報酬で別れているなど、素人にとっては分かりにくいものになっています。自己破産を考えているなら、経済的には余裕がないはず。最初の相談のときにトータルでいくら必要になるのかしっかり確認しておきましょう。法律事務所によっては追加料金を設定しているところもあるので、費用に関してはとにかくはっきりさせておくことが必要です。最近では、弁護士費用の分割払いが可能な事務所も増えてきています。分割払いができるなら、依頼のときに大きなお金を用意する必要がありません。支払いの方法についても一度相談してみることをおすすめします。

ローン会社は、情報機関の記録を元に審査を行っているので、記録が残っている間にローンを組むのは非常に難しいです。自己破産の場合は、情報の登録期間が5~10年といわれています。