社会保険労務士はどんな職業なの?その仕事内容や働き方について

会社経営のパートナーである社会保険労務士

社会保険労務士は会社経営に欠かせないパートナーのような存在です。

会社経営には、人、物、金、情報の4つの要素がありますが、社会保険労務士は人に関するプロフェッショナルと言えます。

社内の労務管理や人事、労働環境の維持や改善、医療制度、年金制度など、その会社で働く人達を法令に則ってサポートしていきます。

会社は様々な法律や条例を守った上で、経営していかなければなりません。法律や条例は色々なものがあるので、これを経営者が1人で網羅するには限界があります。

社会保険労務士は会社運営に必要な法令を熟知し、会社が守るべきルールを把握した上で、場合によっては助言や指摘をすることも必要となってきます。

近年はブラック企業が話題になることもありますが、自社がブラック企業だと言われないように、会社のルールを改善していく役割もあります。

多様化する社会保険労務士の働き方

比較的規模の小さい中小企業の場合、社会保険労務士は社外に委託するケースが多いです。

社会保険労務士を社員として雇えば、それなりのコストがかかります。このため必要な時に外部委託した方が、中小企業にとっては助かるわけです。このような現状を踏まえ、社会保険労務士は独立開業を目指すのも得策です。たくさんの取引先と契約を結べば、それだけ収益も上がります。

また近年は残業の不払いやパワハラなど、労働問題が目立つようになりました。このためリスクをしっかり管理するために、社内人事のエキスパートである社会保険労務士を社員として雇うケースも増えています。

社会保険労務士の働き方は多様化していますが、企業にとって必要不可欠な職業であることは間違いありません。

社会保険労務士の就業規則を使うと、社員とのトラブルを減少させることができるだけではなく、信頼関係もより良く保つために役立ちます。