社会保険労務士の役割の色々、仕事内容と関連して紹介します

社会保険労務士ってどんな仕事をするの?

社会保険労務士は、社会保険、つまり、健康保険・厚生年金保険・介護保険・国民年金保険そして雇用保険等に関する専門家です。

社会保険労務士は、書類作成を代行します

健康保険・厚生年金保険・国民年金・雇用保険に関する書類は、作成が難しいものもありその作成の代行を社会保険労務士は行います。特に、中小企業において、専任の社員・職員がいない場合には、社会保険労務士にアウトソーシングすることにより、本業の仕事に専念できますので、会社等の効率的経営の一助となります。

就業規則等の人事労務に関する規則の作成もします

社会保険労務士は、会社等の人事や労務に関する社内規則である就業規則等、作成が難しい規則を作成することもします。労働基準法等の専門家である社会保険労務士を活用することにより、コンプライアンス上適切な就業規則の作成が可能となり、また、実際に会社等を訪問することにより、その会社等の実態にも沿った就業規則が作成され、その作成時間も節約されることになります。

顧問契約を結び社会保険に関する相談に応じます

社会保険労務士は、書類作成だけではなく健康保険や厚生年金保険等の社会保険に関するものや助成金に関することの相談に応じます。時々刻々と変わる社会保険労働保険関連諸法令について、適切なアドバイスを受けることができます。

人事や労務に関するコンサルティングもします

会社等の経営者が頭を悩ます人事や労務に関することのコンサルティングを行うことも、社会保険労務士の役割・仕事の一つです。法的な相談に応じることが主になりますが、その会社等の内容に応じた人事制度の立案を行い、働きやすい環境づくりの一助としての役割をも担うのが社会保険労務士に期待されることの一つでもあります。

社会保険労務士の就業規則作成により、倫理規定や社労士法を考慮し法改正にも対応した社則を作ることが可能です。