入っていて良かったペット保険!万一に場合に備えを!

ペット保険でどんなもの?

ペットが家族の一員となって以前よりも長生きをする時代になりました。長生きをするという事は、病気やけがなどのリスクも高くなります。小さい頃からどんなけがをするか、どんな病気をするか分かりません。ペットには公的な健康保険がなく、診察や通院、手術にかかる費用は基本全額自己負担になるので、ちょっとしたけがが思ってもいない金額になることもあります。加入前からの病気やけがは補償されない場合が多いので、小さい頃から万一の場合に備えてあげるとよいでしょう。
人間が万一の場合に保険で備えているように、ペット保険に入って大切なペットの為に備えてあげると安心ですね。

どんなペット保険を選ぶのか

今はペット保険もたくさんあり、色々ある中から、自分のペットに合ったものを選ぶことができます。診察や通院、手術のどのあたりまで補償されるのか、自分のかかりつけの動物病院が対象なのかどうか、保険代の請求の仕方は簡単かどうか、など選ぶポイントはたくさんあります。人間の健康保険と同じように、窓口で精算できるものもあります。
資料請求をしてみたり、各社で見積もりを取ってみたり、色々と比較して選んであげるといいですね。

ペット保険に入るとみんな安心できる

万一の場合に備えてペット保険に入っていると、ペット自身はもちろん、家族も安心できます。ちょっとしたけがや病気でも気兼ねなく病院に連れて行くことができますし、万一の場合にペットの医療費で家計が圧迫されて…という不安もなくなります。
大切な家族の一員として迎えた大切なペット。飼い主もペットも、保険で万一に備えて一緒に長生きしたいですね。

現代はペットの平均寿命も伸びているので、医療代が家計を圧迫することも少なくありません。そのときのために、ペット保険の比較をしておきます