簿記ってどうやって勉強するの?上級資格の取り方は?

入門編の級から段階的に挑戦していく

経理部の求人があれば、大抵は簿記の資格保有者を優遇するなどと書いています。経理部にとっては必須の知識であり資格と言えるでしょう。資格自体は複数の団体が実施していますが、最も有名なのは商工会議所が行っている資格制度でしょう。4級から1級まであり、1級となると大学レベルの知識がないといけないとされています。簡単には取得できません。これまで経理の経験がなかったり簿記の勉強をしていない人なら、入門編の級から勉強すると良いでしょう。商工会議所の行う試験なら4級や3級が入門レベルになります。入門レベルといっても、仕訳や転記、会計用語なども覚えないといけないので、経理の仕事をするには十分の知識が得られます。最初が肝心になります。

仕訳のパターンを覚えたり原価計算の勉強

最も基本的な簿記は商業簿記と言われています。販売業や卸売業などであれば商業簿記だけで経理ができます。しかし、製造業となると製造原価の計算ができないといけません。この時に使うのが工業簿記、原価計算の知識になります。簿記検定では、3級は商業簿記だけですが、2級以上は工業簿記の知識が必要になります。より上級の級を取得するなら、まずは仕訳のパターンを覚える必要があります。世の中にはいろいろな取引があり、その時に行う仕訳方法が決められています。一つの取引に複数の仕訳方法が設定されるときは、それぞれ理解しないといけません。原価計算は商業簿記とは少し視点が異なります。分析方法の手法なども学びながら、知識を増やす必要があります。

簿記の講座は経理の仕事に就きたい人が受ける講義です。商業簿記2級の知識を習得したら採用への道が開けてきます。