3つある資格の性格を知って、挑戦しよう!

資格があるだけで開業できるか?

資格の3タイプを知ってください。1つ目、専門性が高く資格を保有するだけで開業できる(生計が成り立つ)資格:医師、弁護士、弁理士、公認会計士、不動産鑑定士、薬剤師などです。2つ目、一般的に資格取得のみでは開業が困難で、就労の末「のれん分け」などのプロセスを経て開業に至る人が多い資格:中小企業診断士、社会保険労務士、税理士、司法書士、産業カウンセラーなどのコンサルタント資格です。3つ目は、就職条件を補強し、処遇条件のアップに貢献する資格です。以上は境界が厳密に区分されるものではありませんが、おおよその目安になり、資格取得後の就労活動に影響する労働市場への理解へとつながります。資格取得には、自己啓発だけでは取得できない特別な就学や、最終的には国家試験に合格しないと有資格者なれない資格もあります。

資格は人生設計(ライフプラン)に大きく影響します。

資格取得を目指す際にはよく考えて挑戦してください。業務上必要な資格取得は例外とします。自分の就労条件(ビジネス能力)を向上させる資格の取り方を考えましょう。一般的には、これまでの就労経験の延長線上の資格が望まれます。経験は財産であり自分の強みです。強みを活かして成果を上げ、社内外で認められるコースが、社会での競争を有利にします。世界的に著名なある経営コンサルタントは、使命感を持ち、強みを活かし、時間管理に注力し、集中実行することが成果を上げる方法だと主張しています。ビジネスマンから独立したライフプランを作成し、成功した人の多くはこのコースを歩いています。長寿社会は間違いなく進展します。人生設計を見直しながら、自己啓発で勉強を継続し資格取得に励み、豊かな長寿社会をすすんでください。

数ある資格の中で、難易度が高いことでも知られているのが中小企業診断士の資格です。中小企業診断士の資格を取得するなら、資格の専門学校などで中小企業診断士の講座を受講して、受験対策をすると良いでしょう。