宅建をどうしても取りたいならどうする?独学でも合格できる?

資格の学校や通信教育の講座を利用する

不動産会社であったり金融機関で仕事をするとき、役に立つ資格として宅建があります。正式には宅地建物取引士と呼ばれる資格です。街中にある不動産会社においては、一定人数の従業員に対して必ず資格取得者が必要になります。不動産取引の基本的な知識の保有者となれます。資格の取り方としては、今すぐにでも取りたいなら資格の学校に行くのが良いでしょう。不動産取引には民法などの法律知識が必要になります。無知識状態で一から学ぶのは大変だからです。その他、通信教育講座を利用する方法もあります。学校にしても通信教育にしても、体系的に教えてくれます。受験者も多く、それなりに合格に必要な知識や力などは明確になっています。ノウハウのある学校なら、合格もしやすくなります。

対策本を利用して独学で勉強する人も多い

国家資格には難易度があり、学校などに通わないと合格が難しいものもあれば、何とか頑張れば独学でも合格できるものもあります。宅建資格は、何とか頑張れば独学で合格できるぎりぎりの資格かもしれません。まず、書店に行くと対策本が売られています。それもかなりたくさんあります。それだけ多くの人が独学で勉強している証拠と言えるでしょう。試験はマークシートで行われるので、内容を理解して出題傾向が分かれば、合格点が取れるようになります。コツコツ勉強する必要はあるので、自分の性格を考えて選択するといいでしょう。対策本だけで合格できれば取得費用に1万円もかけずに済ませられます。あまりお金をかけたくない人も、独学で挑戦してみると良いでしょう。

宅建の講座では、宅地建物取引士の資格を取得できます。不動産の仕事だけでなく、業種を問わず知識を生かすことができます。